「バイオレゾナンス」はドイツのパウル・シュミット氏が発明した 体をめぐるエネルギーの流れを改善して健康を保つ画期的な治療法です、

バイオは「生体」、レゾナンスは「共鳴」、つまりバイオレゾナンスセラピーとは生体共鳴となります。
この療法の基本は「すべての物質は固有の周波数で振動している」というレゾナンス理論によってなされます。
身体の細胞はそれぞれ固有の周波数で振動しており、それが波動となって放射されています。
しかし、病気になったり健全に機能しなくなると、その周波数がずれてしまい、異常な波動をだすようになります。 この異常な波動をキャッチし、それに対応した周波数の波動を与えることで共鳴が起き、
正常な振動にととのえることで本来あるべき調和を取り戻します。

振動測定器を用いて  異常振動をしている物体(細胞・臓器)を探し出し、正しい固有振動へと修正し健康な体へと活性化を図ります

現代人は、生活の中でさまざまなアレルゲンやストレスにさらされています。それらは毒素として体に、蓄積されさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。

その「毒素」は通常は微量で、身体が健康ならデトックスによって健康状態を維持できる程度のものです。しかし、この毒素は排出よりも蓄積されるほうが早くなると、体に様々な症状として現れます 

ンとは

素の持つ波動を打ち消し、身体の持つ波動と調和させる

毒素であるアレルゲンが臓器に蓄積され、臓器どうしのコミュニケーション能力を妨害し、機能を低下させて病気になると考えられています。

このような異常は、現代医療では治らないとされている難病やガンと密接に関連していることが分かっています。 バイオレゾナンス・メソッドでは、毒素が持つ波動(振動)とは逆位相の周波数、或いは特定の周波数をぶつけて調和・増幅させ毒素をデトックスしやすい状態にし、さらに機能が低下した器官本来の力を増幅さ、異常振動を正しい固有振動へと修正して健康な体の活性化を図ります。

バイオレゾナンスの歯科における意味

歯科金属によるアレルギー、歯根部の感染、そして歯周病などの歯科疾患が全身の難病に関係していることが明らかになってきました。その影響する範囲は幅広く、血液検査や画像診断だけでは判断出来ないことが数多くあります。その際に役立つのがバイオレゾナンスです。歯科治療に使用した素材や日常生活のストレス、細菌・ウイルスによって体内の波動は乱れます。特に歯周病菌は500種類以上存在し、身体のあらゆる部位に潜んでいる可能性があるのです。当院では、バイオレゾナンスによってむし歯や歯周病菌の状態、細菌が全身を巡っていないかどうかのチェックを行っていきます。根本原因を突き止めたうえで、身体の周波数を整えて菌そのものの弱体化を目指します。「頭痛や肩こりがなかなか改善しない」「肘の痛みが続く」「倦怠感が続く」そのような慢性的な不調を歯のかみ合わせ調整 治療口腔内環境の改善で、健康な身体作りに繋げていく最新の治療法です。

バイオレゾナンス療法の内科的効果(当院の範疇ではありませんが)医科においては様々な改善がみられています

胃炎・便秘・下痢・潰瘍性大腸炎  嚥下障害・膀胱炎・腎孟炎・前頭洞炎
外傷性喉頭炎・細菌性喉頭炎・気管支ぜんそく・アレルギー性ぜんそく
アレルギー性鼻炎・アトピー・神経性皮膚炎・にきび偏頭痛 腰痛・股関節症・脊髄関節炎
後頭部神経痛・座骨神経痛・頸肩脊椎症候群・慢性多発性関節炎
慢性関節症・脳性血行障害・冠動脈性心臓病・静脈潰瘍
言語障害・扁桃炎・中耳炎・ギランバレー症侯群
不眠症・抑鬱・恐怖症・網膜の血行障害  なお外傷、先天性の異常は治療対象外となっています

振動測定器レヨメータ
バイオレゾナンス

体に影響を与える異常振動、アレルゲン

アレルゲンとは、アレルギー反応によって身体に悪影響をおよぼすものの総称で、異常振動をしている歯の金属、(水銀、パラジウムクロムなど) 歯周病(微生物)と歯根の病巣感染(ウイルス、バクテリア) 口腔内の病原性寄生虫、 バクテリアの感染、環境汚染物質の身体への沈着   紫外線や放射線     牛乳や小麦、食品や水道水の添加物、混入物
電磁波などによるエレクトロスモッグ   薬剤や有害化学物質
酸とアルカリのアンバランス    アスベストなどの粉塵  アレルゲンとなる花粉やハウスダスト  不安や恐怖感、怒り、悲しみなどの精神的ストレス  地下水脈、断層、基盤目などのジオパシックストレス

バイオレゾナンスの歯科における意味

歯科金属によるアレルギー、歯根部の感染、そして歯周病などの歯科疾患が全身の難病に関係していることが明らかになってきました。その影響する範囲は幅広く、血液検査や画像診断だけでは判断出来ないことが数多くあります。その際に役立つのがバイオレゾナンスです。歯科治療に使用した素材や日常生活のストレス、細菌・ウイルスによって体内の波動は乱れます。特に歯周病菌は500種類以上存在し、身体のあらゆる部位に潜んでいる可能性があるのです。当院では、バイオレゾナンスによってむし歯や歯周病菌の状態、細菌が全身を巡っていないかどうかのチェックを行っていきます。根本原因を突き止めたうえで、身体の周波数を整えて菌そのものの弱体化を目指します。「頭痛や肩こりがなかなか改善しない」「肘の痛みが続く」「倦怠感が続く」そのような慢性的な不調を口腔内から改善し、健康な身体作りに繋げていく最新の治療法です。

富山歯科医院が使用するレヨネックス社のバイオレゾナンス機器レヨコンプPS1000ポラー およびレヨコンプPS10の各種振動測定器バイオレゾナンスは1976年にドイツの物理学者パウル・シュミットが開発しドイツ振動治療推進協会のもと、ドイツ国内だけではなく世界45カ国で使用されています

ドイツでは医療機器として認定されており、ISO9001およびQM品質管理の認定も受けています。

この振動測定器は患者様に苦痛や痛み無く、副作用の無いこの次世代エネルギー医学療法と考えます。

物体の振動と共鳴を起こさせる
振動測定治療器Rayocomp-PS1000ポラー 

内臓されたセンサーが身体の様々な種類の振動を感知し、振動の状態を数値化、画像化することにより、体内の200箇所の状態を自動で測定。
さらに、選択した振動を送波することで、身体の各部位の振動の調整を行います。主に、初診時の200項目測定検査と、治療としての身体の振動の調整に使用。

この“バイオレゾナンスセラピー”として広く知られているバイオレゾナンス(生体共鳴)理論には2つの基本があります。

1.私たちの健康を支える生命エネルギーの滞りを発見する測定をします               2.滞りを解消してエネルギーの流れを良くし細胞、組織の生命力を高めるためにハーモナイズします 

体に影響を与える危険物質、ストレスなど。

・危険物質
・紫外線や放射線
・食品や水道水の添加物、混入物
・電磁波などによるエレクトロスモッグ
・薬剤や有害化学物質
・酸とアルカリのアンバランス
・ニコチン、タール、アルコール
・アスベストなどの粉塵
・アレルゲンとなる花粉やハウスダスト
・不安や恐怖感、怒り、悲しみなどの精神的ストレス
・他人の憎しみや怒りなどを受けることによる、波動的なストレス
・地下水脈、断層、基盤目などのジオパシックストレス